2014年05月18日

カーブス創始者ゲイリー・ヘヴゥン氏について

カーブスについての歴史などを書いてみたいと思います。

カーブスとはカーブの複数形で『たくさんウエストのくびれをつくる』という意味ですって。
ゲイリー・ヘヴゥン氏によってアメリカのテキサスにフィットネスクラブ・カーブスは生まれました。
彼の手記より
私が13歳のある朝、スクールバスが通る音に目を覚ましました。すぐに母の部屋に行ったとき、私はベッドに横たわったまま息を引き取っている母を見つけたのです。母はその数週間前に40歳の誕生日をお祝いしたばかりでした。母は長い間、高血圧、うつ病、そして肥満に悩まされていましたが、この母の死は私にとって余りにも突然でした。今思えばおそらく要らぬ死だったと思います。何年もの間、母の病気を治すための様々な薬を、医師はまるで母が医療モデルでもあるかのように与えていました。もしあの頃、運動をする場所と周りの女性たちのサポートの力があったならば、母は今でもまだ生きていたのではないかと私は思うのです。

カーブスとは今までにはなかった、女性だけのフィットネスクラブです。アメリカに生まれた小さなフィットネスクラブ・カーブスは、女性たちの口コミによって大繁盛し、今や世界に900店舗、会員数400万人にもなっています。
女性だけの30分フィットネスとして、アメリカで誕生した「カーブス」。
日本上陸わずか9年目で、日本全国に1381店舗を展開。
会員数は約61万人2013年11月現在)。

カーブスの運動プログラムは、ゲイリー氏の研究によって産みだされました。
女性が老化や肥満に悩まされることなく健康に過ごすためには
週3回90分以上の運動をすることが必要であると言われています。
カーブス・ワークアウトでは、90分以上かかっていた運動効果が
たったの30分でできるように工夫されています。
筋力トレーニングと有酸素運動を交互に組み合わせ、最後にストレッチをして
1回30分の運動プログラムとなっています。
たったの30分ですから忙しい生活の中でも続けることができます。
しかも、10代から88歳までのすべての女性、運動が苦手な女性でも
無理なく続けられるよう研究された独自の運動プログラムなのです。

〜体が変われば心が変わる〜
〜心が変われば毎日が変わる〜
〜毎日が変われば人生が変わる〜

カーブスの店舗などに、この言葉が書かれています。
健康のためには、運動が必須と、頭ではなんとなくわかっていても、何を、どのように、運動したらいいのかわからないひとがほとんどだ思います。

初め、紹介してもらった時も、知らない場所にひとりで行く不安もあったけれど、いざ行ってみると、すっごく明るくて、活気のある場所って思いました。
女性は、太陽のような存在でないとと思うので、このような明るい場所にいくだけでも何かちがうのではないかな?って思います。
運動内容と、何のためにどこを鍛えるのか?ということは、コーチたちがきちんと教えてくれるので、気軽に運動できるこのような場所は、私には、ありがたいです。
わたしにとって、カーブスはスキマ時間をみつけては、気長に通いたい場所ですねヽ(´▽`)/


※ランキングに参加しています(´∀`)

ダイエット ブログランキングへ
コチラのランキングにも参加中


にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ
にほんブログ村


http://www.curves.co.jp/stor
http://raw-edit.net/より、抜粋、引用
posted by コロン at 13:44| Comment(0) | カーブスの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。